ヒマだしワインのむ。|ワインブログ

年間500種類くらいワインを飲むワイン歴2年のワインブロガーのブログです。できる限り一次情報を。ワインと造り手に敬意を持って。

プロが選んだ南アフリカワイン! マスダの試飲会アンケート結果を教えてもらった

株式会社マスダの南アフリカワイン試飲会でプロが選んだワインとは!?

先日、株式会社マスダの南アフリカワイン試飲会にお招きいただくというありがたい機会があった。会場では30種類ほどの南アフリカワインをテイスティングし、とくにおいしいと感じたものを10選び、記事にした。

himawine.hatenablog.com

すると後日、イベントに呼んでいただいた株式会社マスダのバイヤー・三宅司さんから「当日のアンケート結果」なる資料が送られてきた。

会場で配布されたアンケートには気に入ったワイン的なものの記入欄があったのだが、酒販店やレストラン関係者といった参加者の回答結果がまとめられた資料のようだ。いわばプロが選んだベスト、みたいなイメージ。なにそれ知りたい。

今回の企画趣旨がこちら

「泡/白/ロゼ部門」「赤部門」それぞれにまとめられたこの資料は、確認したところ「公開可」とのことだった。興味深い内容になっているので、ぜひご覧ください。

 

ワインブロガーが選んだ南アフリカワイン試飲会BEST5<白>

さて、それを発表する前に参考までに私・ヒマワインの両部門のBEST5を発表しておこう。上にリンクを記載した記事と出てくるワインの名前は一緒だが、あえて順位をつけている。以下のような感じだ。※( )内はヴィンテージ

 

【泡/白/ロゼ】ヒマワインBEST5

1位 ラーツ「イーデンハーデンシティ シュナンブラン」(18)
2位 ポール・クルーヴァー「セブンフラッグス シャルドネ」(18)
3位 ステレンラスト「アーティソンズ アプレンティス ホワイト・サンソー」(19)
4位 キャサリン・マーシャル「リースリング」(21)
5位 ステレンラスト「オールドブッシュヴァイン シュナンブラン」(20)

泡・白・ロゼ部門はほぼ自分としては「これで間違いありません」という内容だ。5位のステレンラストが上位レンジの「マザーシップ シュナンブラン」でもいいかなくらい。とくに1位のラーツのイーデンハーデンシティ シュナンブランは素晴らしかった。

 

プロが選んだ南アフリカワイン試飲会BEST5<白>

では、プロたちが選んだワインはどのようなものだったのか。これだっ。

【泡/白/ロゼ】アンケートBEST5
1位 ラーツ「イーデンハーデンシティ シュナンブラン」(18)
2位 ステレンラスト「シュナンブラン」(21)
3位 ステレンラスト「アーティソンズ アプレンティス ホワイト・サンソー」(19)
4位 ステレンラスト「アーティソンズ マザーシップ シュナンブラン」(20)
5位タイ ステレンラスト「オールドブッシュヴァイン シュナンブラン」(20)
5位タイ キャサリン・マーシャル「リースリング」(21)

ステレンラストつよっ。なんと2位、3位、4位、5位にステレンラストが食い込むというすごい事態になっていた。そして1位はやっぱりラーツの「イーデンハーデンシティ シュナンブラン」。

このワインに関して、マスダの資料にこう書かれている。

「人気1位はラーツのイーデンハイデンシティ・シュナンブラン。これはちょっと反則ですね。白ワインでは一番高価でしたし、次元の違う美味しさです。赤白全てを合わしても人気投票1位でした。」

このワインほんとすごい↓

そしてなんといっても2位に入ったステレンラストのシュナンブランが偉い。私はその上のレンジのオールドブッシュヴァインを選んだが、2000円ちょっとの価格でこのラインナップの2位に食い込むのはすごいことだ。買う。あと、ホワイトサンソーは飲んだことない方にぜひ飲んでいただきたいワインだ。

全体に私のリストと似たようなラインナップのなか、1番の差分となったのがセブンフラッグス シャルドネがトップ圏内に入っていなかったこと(7位タイ)。セブンフラッグスおいしかったけどなー! おいしすぎてレストランだと使いにくい、とかそういう事情があったりするのだろうかプロ的には。

 

ワインブロガーが選んだ南アフリカワイン試飲会BEST5<赤>

さて、続いては赤部門だ。まずは私・ヒマワインのBEST5を発表したい。こんな感じだった。

【赤】ヒマワインBEST5
1位 ヴィラフォンテ「シリーズM」(16)
2位 サワーヴァイン「オム ピノ・ノワール」(19)
3位 アタラクシア「ピノ・ノワール」(17)
4位 アタラクシア「セレニティ」(19)
5位 ラーツ 「ファミリー カベルネ・フラン」 (17)

南アフリカオーパス・ワン」だというヴィラフォンテのシリーズMとサワーヴァイン「オム」がほぼ1位タイでツートップ。アタラクシアのピノ・ノワールふたつがダブルボランチ的に守りを硬め、守護神・ラーツのカベフラが全体ににらみをきかせるみたいなこれも隙のない布陣。ただ、白に比べるとちょっと順位付けがふわっとしているのは事実といったラインナップだ。

 

プロが選んだ南アフリカワイン試飲会BEST5<赤>

では、会場アンケートの結果はどうだったのだろうか。

【赤】アンケートBEST5
1位 ステレンラスト「オールドブッシュヴァイン サンソー」(20)
2位 ロングリッジ「メルロ」(18)
3位 ブーゲンハーツクルーフ「シラー」(16)
4位タイ サワーヴァイン「オム ピノ・ノワール」(19)
4位タイ デイヴィッド&ナディア「エルピディオス」(16)
4位タイ グレネリー「レディメイ」(15)

ステレンラストつよっ。白部門の3位だった「アーティソンズ アプレンティス ホワイト・サンソー」と対をなすワイン、「オールドブッシュヴァイン サンソー」がまさかの1位。赤白のBEST3にそれぞれサンソーが入ってんのすげえなサンソーはじまってるな。ステレンラストの赤白サンソー並べて飲み比べたら楽しそう。病気に強くて収量が多い(らしい)サンソーが味わいもおいしかったら最強だ。

 

2位のロングリッジのメルローはマスダの三宅さんが「よくお勧めしている」というワイン。値段もそんなに高くないし、これも試してみたい。3位のブーゲンハーツクルーフ「シラー」は有名な“7つの椅子のワイン”。私の推し子ちゃんであるサワーヴァイン「オム」は4位。ヴィラフォンテ「シリーズM」は7位タイという結果だった。無念。アタラクシアに至ってはBEST10圏外……みんなうっかり書き忘れたんでしょうたぶん。

というわけでアンケート結果を見てきたが、「実際には、ワインの開栓した時間や飲むタイミングでワインの開き方、空気との馴染み方など、味わいが変わってきますので参考程度です」と三宅さん。

三宅さんたちプロは、「たとえ試飲したワインが堅かったり、開いてなくても、その状態での品質、熟成ポテンシャルや将来性を判断し採用するとかしないとか決めていきます」とのことだった。その日・その場・その瞬間でのおいしいか・おいしくないかしか判断できない私とは、素人なので当たり前といえば当たり前だが大違い。

というわけでアンケート結果を共有してもらえたことで2度楽しめたマスダの南アフリカ試飲会だったのだった。また行きたい。

a.r10.to

himawine.hatenablog.com