ヒマだしワインのむ。

ヒマなのでワインを飲みます。ワインの知識はありません。

楽天ブラックフライデーセール開催中なので南アフリカワインをいろいろ買ってみた。

葡萄畑ココスで南アフリカワインポイント4倍キャンペーン実施中

よくワインを買うショップ「葡萄畑ココス」楽天店を巡回していたら、南アフリカワインポイント4倍、というキャンペーンをやっていた。南アフリカワインといえば価格に対して高パフォーマンスでおなじみ。葡萄畑ココスは南アフリカワインのラインナップが充実していて、値付けも安い。それがさらにお得に買えるとなれば見逃せない、ということで楽天ブラックフライデーセールもやってることだしいろいろ買うことにした。

f:id:ichibanboshimomojiro:20201122085237j:plain

南アフリカのワインをいろいろ買いました。

せっかく買うならおいしいワインを遺漏なく選びたい、ということでさっそく南アワインをなにか買おうと思っているんだけれどもなにかオススメはありますかと葡萄畑ココスのツイッターアカウント(の中の人)にDMを送付してみた。おかあさん赤ちゃんはどこからやってくるのと母に聞いたことがあったかどうか今となっては定かでないが、ともかくわからないことはわかる人に聞く、というスタンスで私は人生という遠洋漁業を旅する者の一人だ。

わからないことを専門家に直で聞けるわけだからツイッターってほんと悪魔的ツールですよね。ということで丁寧に返信をいただいたので、その返信を参考に、私自身が気になるワイン、さらにはツイッター上で見かけた評価などを加味して、いくつかの南アフリカワインを購入した。プロ野球のドラフト会議形式で紹介するならば、以下のようなものだ。

吉野家の牛丼21杯分。「七つの椅子」シラー

まずドラフト1位はブーケンハーツクルーフの「七つの椅子」シラー(2016)だ。ななな、7458円もするんですよこれ。週5で出勤して昼は毎日松屋プレミアム牛めし(並)食ってますね自分はというサラリーマンがひと月まるまる(21杯分)昼食を抜いてようやく買える高額ワインだ。しかしながら、同じブーケンハーツクルーフのポークパインリッジシラー(1000円台)が非常においしかったこともあるし「七つの椅子」の雷鳴が轟いていることもあるし正月用だしってことでいっけええええとバッグに蹴り込んだのだった。

シャルドネは最高だったが赤はどうか。「76 カベルネ・ソーヴィニヨン

続いては、リントンパークの76カベルネ・ソーヴィニヨン。リントンパークの76シャルドネを私は以前飲んでいて、1000円台のマイベストシャルドネの座を不動のものとしている。その「76」には赤もあるという情報は前々から存じあげておった次第だが、これを期に入手した。価格は1815円とU2000円。値段は安いが期待度は非常に高い1本だ。

ポール・クルーバーのピノ・ノワール

私はU3000円のおいしいピノ・ノワールを日々探しているので、ポール・クルーバー エステーピノ・ノワールを3位指名することとした。輸入元のマスダのサイトによれば「フランス・ブルゴーニュ地方とほぼ同じ気候」の南アフリカはエルギン地区で造られるピノ・ノワールシャルドネが有名だがピノ・ノワールも評判がいいので楽しみだ。

「七つの椅子」「76」「ポール・クルーバー」。甲子園優勝投手、大阪桐蔭高校のレギュラー遊撃手、亜細亜大のエース、みたいな、ここまではいわゆるミーハー指名だ。チーム、じゃなかったセラーの充実は必至である。

エルギンで女性醸造家が造るソーヴィニヨン・ブラン

白も1本入手しておかねばなるまい。ということでドラフト下位で指名したのがキャサリン・マーシャルのソーヴィニヨン・ブランだ。これに関しては事前の知識がなかったが、女性の造り手のワインがあると、女性の来客があった場合に「このワイン、造り手が女性なんだよね」かなんか言ってとりあえずなんとなくその場が持つ、みたいなことがある。月が満ちて欠けるサイクルに一度くらいの割合でソーヴィニヨン・ブランが無性に飲みたくなる日がくることもあり、備蓄的に購入した。価格は2068円だ。

ステレンラストの極甘口

同じく下位指名ながら即戦力としてかなり期待値が高いのが、ステレンラストのシュナン・ド・ミュスカ ノーブルレイトハーベスト。以前、WEBセミナーに参加した際に飲んだステレンラストの甘口ワインがおいしかったのだが、飲んだ量が少量だったのでハーフボトルでしっかり味わってみたいと思った次第だ。どうやら私は甘口ワインが大好きなので、今後切らさないように色々試していきたい。ハーフで2563円はやや高額だが、ゴクゴク飲むものでもないし、まあいいでしょうきっと。

フリードリッヒ・ベッカーのピノ・ノワール

あとここから先は南アでもなんでもないのだが、以前同ショップで買ったフリードリッヒ・ベッカーのプティ・ロゼがやたらとおいしかったのだけれどもベッカーはピノ・ノワールの名手だっていうんでベッカーのピノ・ノワールも買った。「外国人補強」ですね。

ベッカーのシュペートブルグンダー(ピノ・ノワールのドイツ語名)にはピンからキリまであるのだが、その最安値レンジには「シュペートブルグンダー」と「シュペートブルグンダー ドッペルシュテュック」の2種類があって価格は同じ2948円。聞けば「ドッペルシュテュック」は大樽仕込みで、その分だけ樽の影響がない=果実味が表現されていてオススメだと聞き、ドッペルシュテュックを指名した。なんのことはない、ドッペルシュテュックっていう名前がカッコいいから、というのが真の理由である。シュペートブルグンダー ドッペルシュテュックのなんかこう、雷とかそっち系の技感は異常である。到着したら「来たか……ドッペルシュテュック!」とか無駄につぶやきたい。声に出して。

ブルガリアボルドーブレンド「エニーラ」

そしてさらに外国人選手はもう一人補強した。葡萄畑ココス楽天店のトップページに設置された巨大な「○珍」バナーすごくないすか。釣られる。

f:id:ichibanboshimomojiro:20201122081830p:plain

気になったら負けと思いつつクリックしてしまった……。

選んだのは、サンテミリオンラ・モンドットやシャトー・カノン・ラ・ ガフリエールなどを所有するナイペルグ伯爵が人件費の安いブルガリアでガチで造っているという「エニーラ2015」をおいしかったら儲けもんくらいの感覚でのオーダー。「珍」だし。贔屓チームが来年度の新戦力として謎のブルガリア人投手をマイナーリーグから補強した、と聞いたときに抱くであろう不安と期待が入り混じった感じが味わえて良い。

まとめ

以上、本指名で5選手、外国人2選手を補強した。まとめると以下だ。

1:ブーケンハーツクルーフ「七つの椅子」シラー

2:リントンパーク 76 カベルネ・ソーヴィニヨン

3:ポール・クルーバー エステーピノ・ノワール

4:キャサリン・マーシャル ソーヴィニヨン・ブラン

5:ステレンラスト シュナン・ド・ミュスカ ノーブルレイトハーベスト

外:フリードリッヒ・ベッカー シュペートブルグンダー ドッペルシュテュック

外:エニーラ2015

ブラックフライデーではこれを機にふるさと納税をしたり、ミネラルウォーターや、ワインのチェイサー用のガス入り水、休肝日用のオールフリーなどを購入していることもあり、なんだかポイント長者みたいになって大変お得だった。ただ、葡萄畑ココスの南アワインポイント4倍は12月30日まで実施されているようで、12月には楽天スーパーセールも例年あるようなので、それに合わせて買うのもいいだろう。もちろん、「2回買う」という選択肢もある。あるなあ。

f:id:ichibanboshimomojiro:20201122074738p:plain

楽天ブラックフライデー開催中のため、ポイントがよく貯まります。

ちなみに支払いの大半は、11月末に使用期限を迎える楽天の「期間限定ポイント」で行った。楽天ポイントは買い物に躊躇をなくすための装置。私は楽天の社員でなく、楽天に知人はおらず、楽天イーグルスファンでもないが、日本でワインを買うプラットフォームとしての楽天はやっぱり優秀。

ワインは今夜受け取る予定。少しずつ飲むのが楽しみだ。

himawine.hatenablog.com