ヒマだしワインのむ。

ヒマなのでワインを飲みます。ワインの知識はありません。

ドンペリは当たるか!? カルディワインくじ「サマーチャンスボックス」挑戦記・2020夏の陣

カルディのワインくじを買うべき理由

カルディコーヒーファームにコーヒー豆マイルドカルディ500円を買いにいったところ2000円のワインくじが売っていたので秒で買った。

himawine.hatenablog.comここで、なぜ私がワインくじを購入するのか、論理的に説明しておきたい。まず、ワインくじというものは、「ワインが入っているかもしれない」というくじではない。ワインは確実に入っている。その段階で「ハズレ」が存在しないことがわかる。本来くじのハズレは「無」だからだ。
しかも。そもそもカルディのコーヒーはおいしい。いろいろ試したが、結局一番安いマイルドカルディが価格と味のバランスが良く、デイリー飲みにはもってこい。つまり私はマイルドカルディという商品を非常に高く評価しており、コロナ禍においてマスクが高騰したように、もし仮にマイルドカルディが2000円でしか買えないという事態になったとしても、仕方ないから買う可能性は高い。では2500円ならどうか。仕方がない。人生にコーヒーは必要だ。やれやれ、と村上春樹的ため息とともに、これを買うであろう。嗜好品とはそのようなものだ。つまり、私はマイルドカルディ200グラムの価値を最大2500円と見積もることができる。

カルディのワインくじの価格は2000円である。マイルドカルディの価格は500円で、足すと2500円。マイルドカルディの心情的価値は最大2500円なので、これによりワインくじ2000円の価格はマイルドカルディの価値に包摂され、カルディのワインくじは実質無料という論理がここに完成するわけである。以上がカルディのワインくじを買うべき理由だ。くじを買うのに理由なんていらないよね☆

カルディ「サマーチャンスボックス」当選ワインと金額・本数一覧

さて、今回購入したワインくじ「サマーチャンスボックス」には、11種類のワインが賞品として設定されている。価格と本数を以下に挙げてみよう。

f:id:ichibanboshimomojiro:20200728140018j:plain

今回のくじは11種のワインが当たるみたいですね。

ドン・ペリニヨン2008 19634円(1本)

ファミリア・コタレッラ レ・マチョーケ・ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 6400円(1本)

シュロデール・エ・シレー ケー・デ・キルヴァン 5500円(1本)

ピケット・フェンス トップ・レイル・レッド・ブレンド 5000円(10本)

ベッラヴェデール リースリング レナーノ ファエーディ 3500円(3本)

ファレスコ ソダーレ 3500円(8本)

イカルディ ランゲ・ネッビオーロ 3500円(8本)

ブリガルダーラ ヴァルボリチェッラ スーペリオーレ 3000円(6本)

フレンターナ パナルダ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ レゼルヴァ 3000円(8本)

ファレスコ ベスト・ブリュット エスト! エスト! エスト! 3000円(8本)

ドーヴェルニュ・ランヴィエ マス・ド・ボワローゾン コート・デュ・ローヌ ヴィラージュ 2880円(6本)

それぞれのワインの参考上代かける本数から導かれる合計金額をくじの本数で割ると、平均は3388円となる。2000円で平均3388円のワインが当たるので、知識・経験の問題からつねにワインを指名買いするというわけではない層(私がそうです)にはホントいい。とはいえ、狙いはもちろんドンペリただひとつだ。カルディのくじにハズレはないが、ドンペリか、非・ドンペリかの区別は存在する。ドンペリか、それ以外か。ローランドかよ。

 2020年7月。またもワインくじを引いてみた。結果は!?

というわけで、スタッフのお姉さんから「ドンペリ当たるといいですね」と生温かい声援を頂戴しつつ自宅に輸送。テレワークの合間を縫って開封の儀を執り行うこととした。自宅を掃き清め、心身を統一していざ参る。神よ、我に力(とドンペリ)を与えたまえ! おんどりゃあああ(カサカサ、と箱を開ける音)!

f:id:ichibanboshimomojiro:20200728140057j:plain

非・ドンペリであることが一目でわかる仕様です。

でたこれ。カルディのワインくじあるあるの、箱を開けた瞬間にスティルワイン(非ドンペリ)であることがわかっちゃう問題。無念。今回もドンペリではなかった。ドンペリかそれ以外かというローランド式ワインくじなので、「じゃあ何等かな?」という楽しみがないのがカルディのワインくじの特徴ともいえるが、それでもなにが当たったかはもちろん気になる。というわけで、さっそくワインを箱から出してみよう。なんでしょうか、これカルディでよく見るやつですね。

f:id:ichibanboshimomojiro:20200728140125j:plain

このラベル……カルディで見たことあるやつ!

というわけで、くじのチラシをよく見ると、おお、これだ。「ファミリア・コタレッラ レ・マチョーケ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」参考上代6400円。当選確率はドンペリ同様1/60というなんでしょうか、ソシャゲでいうところのSSR感のあるやつ! ならドンペリでもよかったんじゃないですかね! ともあれ、2000円投資で6400円当選なので戦果は上々だ。よく来てくれました。ブルネッロ・ディ・モンタルチーノは飲んだことがないので大変楽しみであります。しかも2008年ヴィンテージなので、私にまったく知見のない熟成感も味わえたりするのでしょうか。うーん楽しみ。

f:id:ichibanboshimomojiro:20200728140523j:plain

ファミリア・コタレッラ レ・マチョーケ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノが当たりました。

ドンペリは今回も当たらなかったが、なに、ワインくじはまたやってくる。男子たるもの結果に一喜一憂せず悠揚かつ泰然と構えてブドウの実をつまむがごとくにくじを引くのが望ましいものである早く当たってください。以上、カルディワインくじ挑戦記・2020夏の陣でした。また次回!

2020年12月4日からの楽天スーパーセールで買えるワインくじ↓

最新記事はこちら↓

himawine.hatenablog.com